使った後のカラコンの正しいケア方法

お手入れ前の準備について

まずは、カラコンのケアをする前に手を石鹸できれいに洗います。カラコンのケアは手で行うので、手をしっかり洗わないとカラコンに雑菌がついてしまう可能性があります。
また、カラコンにはソフトコンタクトレンズ用の洗浄液が必要です。カラコンはソフトコンタクトレンズであり、ハードコンタクトレンズ用の洗浄液とは成分が違うので、間違わないように注意しましょう。また、目薬や洗眼液や水道水では代用できません。カラコンなどのソフトコンタクトレンズは水分を吸収する構造になっているので、適切な洗浄液以外のものを使用するとその成分を吸収してレンズが劣化してしまう場合があります。
なお、カラコンの中には過酸化水素タイプの洗浄液が使えないものもあるので、レンズに付属している説明書をよく確認しましょう。

正しいケア方法について

手を洗い終えたら、手の平にカラコンをのせます。そして、カラコンに向けて洗浄液をたっぷりと注ぎます。カラコンに負担をかけないために水分が必要なので、洗浄液をケチらないようにしましょう。爪でカラコンを傷つけないように注意しながら、人差し指の腹で優しくこすり洗いをします。また、指以外のものでこするとカラコンを傷つけてしまうので、必ず指で洗いましょう。カラコンの表裏を20~30回くらいずつ、優しくこすります。こすり洗いが終わったら使用した洗浄液は捨て、新しい洗浄液でカラコンの両面をすすぎます。汚れや雑菌を洗い流すため、たっぷりと注ぎましょう。汚れが落ちたことを確認したらソフトコンタクトレンズ用の専用ケースに入れ、新しい洗浄液を注ぎ4時間以上そのままにします。4時間以上置くことで消毒されるので、この放置時間が重要です。ケースを使った後は中身を空にし、洗浄液で洗ってから自然乾燥させましょう。